読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おのぼりOL適当ヒマヒマ日記

既婚おのぼりアラサーが東京でやりたい放題やるブログ。保有する資格,所属する組織とは全く関係なく,個人的意見・思想に基づいて書き散らします。

切迫早産入院 持ち物

さて、これを書いている時点で、入院生活8日目。まだまだ24時間点滴中。


つまり、当初の目安の、1週間で退院というのは既に過ぎてます。

薬の量を減らした途端にまた張るので、もう仕方がない。

 

私も開き直って、とにかく安全に子を産むことを最優先に、入院生活を快適に過ごすことに注力しよう!と心に決めました。

 


さて、入院生活を少しでも快適にするために必要だったもの(そもそも当然に必要なものを含む)を記録しときます。

 

  • 母子手帳(当然)
  • 健康保険証(当然)
  • サイフ(つまり現金)
  • 筆記用具、印鑑(意外と書くものがある)
  • 携帯(仕事の連絡先が入っていること)
  • 充電器、充電用ケーブル(長めがいい)
  • iPad(あえてPCは持っていかなかった。体勢的に無理だと思ったので)
  • モバイルルーター(入院して6日目位に申し込んだ。通信速度の上限とか気にせずどんどん海外ドラマを観たかった)
  • イヤホン(個室なので不要だったけど、あると安心)
  • 延長コード
  • 時計
  • 下着類
  • パジャマ3組(半袖のみだったけど途中から長袖も追加)
  • カーディガン(必須!)
  • 歯ブラシ(できたらコップも)
  • 洗顔、基礎化粧品(トラベル用が便利)
  • 髪留め(無かったら結構なストレス)
  • 爪切り
  • ウェットティッシュ
  • 体を洗うタオル(病院にシャンプーやボディソープはあったが、ゴシゴシするやつがなかったので追加)
  • 小型ドライヤー(貸し出してくれるが、いちいちナーススーテションに行って返さなくてはいけないので面倒になり追加)
  • リップクリーム、ハンドクリーム(結構乾燥する)
  • 毛抜き(毛がボーボーになる。誰も見てないけど、みすぼらしくなっていくのが辛い)
  • 小分けの洗濯用洗剤(コインランドリーはあるが、洗剤は自分で用意する必要があった。こういうのは入院前に確認しておくべきだった)
  • ビニール袋(小分け用。何かといる)
  • 勉強用の本(私の場合はラジオ英会話とかTOEIC対策本とか)


人によっては、さらに紙の本や雑誌が必要になると思う。私はdマガジンとKindleのアプリがiPadに入ってるので、これで代替できた。かなり快適に過ごしてます。

 

こんなもんかなぁ。


夫は毎日、私からの「明日持ってきてほしいもの」メールを受け、用意して、持ってきてくれた。本当にありがとう。