おのぼりOL適当日記

おのぼりアラサーが東京で共働き子育てをするブログ。保有する資格,所属する組織とは全く関係なく,個人的意見・思想に基づいて書き散らします。

2018年2月15日 小さい写真絵本がお気に入り

息子1歳児。小さい絵本がお気に入り。

 

f:id:onoboriyoshimi:20180213094015j:image

f:id:onoboriyoshimi:20180213094022j:image

f:id:onoboriyoshimi:20180213094030j:image

赤子の手にすっぽり収まるくらいなので本当に小さい。

お値段も400円+税。ちょうどいいわ〜〜〜

 

絵本というか写真がたくさん載っているので図鑑的な側面もある。

息子はこのシリーズが好きで,「でんしゃ」と「じどうしゃ」を自分で本棚から出してずっと読んでいる。本棚に戻して,しばらくしたらまた出して読んでいる。

 

絵でデフォルメされたものじゃなくて写真を好むあたり,本物志向やわ。これはさすがや。天才天才(過剰に褒めて伸ばすタイプ)。

 

 

 

そういえばちょっと気になってるのだけど,1歳6ヵ月健診で,絵を見せてそれが何か分かるかチェックするというものがあるらしい。例えば,犬猫猿ライオンキリンなどが描かれている絵を見せて,「わんわんはどれ?」と聞いて犬を指さすかという検査。

 

でもさ,それって,どうなんだろ?

 

そもそも本物の犬を見たことがないし,デフォルメされた犬って,その犬感って,絵によって違わない?

 

うちにも絵本たくさんあるけど,たまに,お前その顔はどう見ても熊やろっていうやつが,吹き出しで「わんわん」とか言ってたりするよ。

 

・耳が上部に2個ついてて丸みを帯びている

・目がくりっとしている

・四つ足で歩く

・しっぽが細長い(いや,丸い犬もいるわ…)

 

これらの条件から犬と判断させるの?まじで??

 

猫は比較的簡単そうだな。ヒゲの有無や目の細さではなく,頭の上部に三角が2つあるものを猫と認識することができるかということかな。

 

でも,話戻るけど,やっぱり,そのデフォルメされた猫と,本物の猫の同一性が分からないと,意味なくない?

それって本当に言葉と物(現実世界の物)が繋がっているといえるのかね。よくわからんけど。

 

何が言いたいかというと,用意された初見の絵本で物を認識できなくとも,うちの子はあかんとか思われたくないなーということ。

 

今,車の写真の絵本をしょっちゅう見てるけど,だからといって,車の絵を見て,それが写真の車と同じ「車」と認識できるとは思えないんだよね。それなら普段から車の絵の描いてある本を読ませておけば検診対策にはなるだろうけど,果たしてそれって健全なのかどうかよく分からない。

 

 

というか

 

考えすぎやろ!!

 

 

どこかから声が聞こえてきたので今日はここまで。おやすみなさい。

 

2018年2月14日 普通に仕事を頑張った

明日の保育園の準備を一通り終えて,お茶を入れてひと息ついて,facebookを開いて,タイムラインを彩る写真を見てはじめて,今日がバレンタインデーであり女性が男性にチョコレートを贈る日だったということに気づく。

 

今日もふつーーに仕事してたわ…

うちの部は義理チョコの話すら出てなかったから,全然気づかなかった。

夫がお菓子食べなくなって,チョコレートも用意しなくて良いとのことだったので,イベント感がまったくないまま今日を迎え,そして終えてしまった。

 

考えてみたら,うちの部,女性が何人かいるのに,誰も義理チョコあげたりお金徴収の話を出してこなかったのはすごいな。女性同士のお菓子交換話すら無かったな。

 

みな今日の大きな会議のために先々週からずっと一生懸命準備してて,そして終わって,お互いめっちゃ褒めあって解散した。

今日,義理チョコは飛び交わなかったけど,ものすごく良い関係であることには間違いないし,むしろバレンタインのバの字も思い出さないくらいにめっちゃ集中して仕事してたということだから,今日はとても良い日だったと言えよう。

 

 

 

 

さて今日の会議というのは海外の複数の拠点と繋げて行うもので,当然,オールイングリッシュだった。

 

すごい脇汗かいたわ…

ものすごくペラペラの人に言わせると,「英語力は,かいた脇汗の分だけ向上する」ということなので,今日はすごく英語力があがったはず。

 

確かにこの脇汗ってすごい面白い発想だなと思っていて,1対1で英語を話しててうまく話せなくても,脇汗はかかないんだよね。

複数の人と議論したり,複数の人の前で自分がスピーカーになって長時間話すとき,すっごい脇汗をかく。そして,うまく言えたことは次はもっと自信をもって言えるようになり,うまく言えなかったことはすぐに調べて自分のボキャブラリー向上に資する。つまりどう転んでも良いことばかり(ただ,尋常じゃない脇汗をかくというだけ)。

 

緊張感とか,嬉しさとか,悔しさとか,もどかしさとか,そういう感情が記憶の定着率を高めるんだろうなあ。

 

夏くらいから英会話学校に行こうと思っているのだけど,上記観点からすると,マンツーマン絶対主義から少人数制へとシフトするのもありかなと思うようになってきた。とにかく喋る量を増やさなきゃと思ってたけど,より効率的に英語が身につくのは,皆の注目を浴びて脇汗をかく少人数制なのかも??

 

 

まあまた近いうちに会議があるのでその時にまた脇汗かいて効果を考えよう。

 

今日はここまで。おやすみなさい。

 

2018年2月13日 息子検診のため有給取得

息子の定期検診の日だったので有給をとった。

 

 

今日の1日を振り返るとこんな感じ。

6:00 息子起きるが登園時間の問題もないし何より私がまだ寝たいので再度寝かしつける。

8:00 息子起きる。私も満を持して起きる。朝食。息子は和光堂のうどん。私は白ごはんに明太子。夫はコーヒーのみ。

9:00 夫出勤。私は洗濯機乾燥機を回す。テレビを見る。(この間、息子はレゴブロックなどで一人遊び)。朝起きるのが遅かったので、息子の午前のおやつはなし。

10:30 検診へ出発

11:30 検診終わり、セブンに寄って帰宅

12:00 昼食。息子は冷凍ストックの納豆おやき。私はセブンのすき焼き豆腐と冷凍ご飯。

13:15 息子昼寝。私もベッドでうつらうつらしたり漫画読んだり

15:00 家事代行の方が来たので今日お願いしたいことを伝えてまた寝る

15:30 息子起きる。昼寝しすぎ疑惑。息子におやつのたまごぼうろを与える。哺乳瓶が溜まってたので洗う。

16:30 家事代行さんがリビングを掃除する間、息子を連れてマクド

17:30 ドラッグストアでおしりふきを買って、セブンでセブンミールを受け取って帰宅。

18:30 夕飯。息子は生協の白パンと和光堂のホワイトシチュー。私はセブンミールのお弁当。

19:00 夫帰宅。息子と遊ぶ。

19:30 息子を風呂に入れる

20:15 息子寝る

20:30〜22:30 食洗機に食器をセット。お茶を入れて、私と夫それぞれ仕事や勉強。

 

 

 

 

 

なんか今日はすっごい楽だった。

理由ははっきりしてて、私、家事してないから。息子と遊んで、寝てるだけだから。言葉の通じない子とべったり二人きりというしんどさはあるっちゃあるけど、でも隙間に「やらねばならないこと」が無いから、時間を気にすることもなく、一緒にレゴで遊んだり絵本読んだりしてるだけでよくて、それはけっこう楽しいことでもあるので、イライラしないし肉体的に疲れることもない。(そしてまたうちの息子は、自分が注目されてると分かると落ち着くんだよね。家事など他のことしながら構ってたらすぐに気づいて、ぐずって気を引こうとする)

 

洗濯機乾燥機回したらあとは家事代行さんが畳んで直してくれて、さらにお風呂掃除もトイレ掃除もやってくれるし、食事は全部出来合いだし。

 

ちょっと今日は何もしてなさすぎて胸が痛まなかったかといえば嘘になるけど、でも普段は仕事してるし。そして今日もたまたま週一の家事代行さんの日だったから、私自身のやってなさ具合と家事代行さんのテキパキ具合のコントラストで、なんか私まじで何様みたいな雰囲気を勝手に感じてしまったけども(家事代行さんはニコニコしてる。そんなこと絶対に思ってない)、私今日たまたま休みだっただけだから。

仕事の休みの日くらい、何もしなくてもいいよね。休まなくちゃダメだよね。(誰に対する言い訳なのか)

 

そしてさらに思ったのが、一人で子供を見ながら家事(炊事洗濯掃除)全部やるのは超大変ということ。私今日哺乳瓶洗ってる間息子がギャーギャー泣いてめちゃ辛かった。

これちゃんとやってるは本当にすごいと思う。世の中のワンオペ家事育児してる人は本当に大変だと思う。掃除洗濯の外注ハードルは高いかもしれないけど、せめてご飯は楽してもらいたい。セブンミールめっちゃいいのでぜひ試してみてもらいたい。

 

 今日は何もしんどいことしてないので、夫が帰ってきた時も「私ばっかり!」みたいな気持ちにならなかった。これがもし息子見ながら家事全部私がやってご飯作ってだったら、夫を笑顔で迎えられないと思う。お金で解決できることって多いんだなあ。

 

今日もまたまとまりないけど眠気限界なのでこの辺で。おやすみなさい。

 

2018年2月12日 夫が食事に気を使い出した

同い年の夫が食事に気を使い出した。もう基本的にお菓子は食べないとのこと。

今我が家には,生協で頼んだ六花亭のバターサンドと,友人の出産の内祝いのゴディバのクッキーたくさんと,これまた出産の内祝いのお菓子詰め合わせがある。

 

f:id:onoboriyoshimi:20180212184730j:image

 

生協は注文してから届くまでにタイムラグがある。注文時は,お菓子を食べないことになるとは思っていなかったので,2人で食べようと思って15個入りを頼んでしまっていた…。

これを数日中に私1人で食べきらないといけない。

もちろん他にもクッキーやらたくさん。

 

なんということだ…

 

 

なんということだ…(喜)

 

 

早速ばくばく食べたら,早速顔にニキビが2つもできた。

どんとこい!

でもクッキー詰め合わせはさすがに会社に持って行こう。

そういえば秋にフランス出張してきた話

そういえば秋にフランスに行ってきた。約1週間。

仕事で行ったのであまり観光できなかったけど,写真とともに少し整理しておく。

早くも記憶が曖昧になっているけど…

 

まずは泊まったホテル。一応パリの中心的なところにあるのだけど…いやだからこそ…

すっっごい狭い!狭いのにこれで2万円くらいする!信じられん!

 f:id:onoboriyoshimi:20180210125925j:image

 

次に朝食。バイキング形式だけど,パン・ハム・チーズ・ヨーグルトくらいしかない。でも,これが,信じられないくらい美味かった。

ふつうのパンにハム乗せただけなのに…

フランスすごい…

f:id:onoboriyoshimi:20180210125939j:image

f:id:onoboriyoshimi:20180210130052j:image

 

この流れで食べ物系を。

レストランではメニューは当然フランス語表記。さらにフランス人の英語は相当聞き取りづらい。結局,ある料理が肉なのか魚なのかすら分からないこともしばしば。

最終的にそのメニュー名をGoogleにぶちこんで画像検索をすることで乗り切った。料理出来上がり図が分かるので大変助かる。これすごいtipsだから皆試してみるといいよ。

f:id:onoboriyoshimi:20180210225955j:image

 

駐在員に教えてもらったのだけど,フランスではデザートメニューに「カフェグルメ」というのがあり,それを頼んだらデザートの盛り合わせ+コーヒーが出てくるらしい。デザートはその日の残り物だったりオススメだったりするので,何が出てくるかわからない。でもすごくお得なことは間違いない。

メニューに書いてなくとも,頼んでみたらたいがい対応してくれるとのこと。

f:id:onoboriyoshimi:20180210225932j:plain

 

 

次は,パリ市内,ピカソも通ったという有名ビストロ。

ここはマクロン大統領がまだ大統領選に勝っていないのに実質勝利宣言をして叩かれたことで有名。


f:id:onoboriyoshimi:20180210230030j:image

 

ここは英語も通じるし,何ならちょっとおかしな日本語メニューもあった。

f:id:onoboriyoshimi:20180210230043j:image

 

おいしかった

f:id:onoboriyoshimi:20180210230105j:image

 

 

ホテル近くで会社の人と食べた。18ユーロくらい。

シンプルな肉,やっぱりうまい!

f:id:onoboriyoshimi:20180210233323j:plain

 

 

これは観光の合間にパブで食べたサラダ。ブルーチーズたっぷり,ハムもたっぷり。お腹いっぱい。15ユーロくらい。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233305j:plain

 

 

週末になりやっと観光モード。このウェリブっていうシティバイクに乗りたかったのだけど,うまく登録できずに断念。あとで調べてみたところ,初めての乗車登録をできるポートは限られていて,ちょっと離れたところにあったみたい。残念。

f:id:onoboriyoshimi:20180210230141j:image

 

 

なんだんかんだで一番使ったのはメトロ。Google Mapで目的地を入れたら行き方を教えてくれる。乗り換えも簡単。特に不便なく一人でウロウロできた。Googleスマホのある時代でよかった。 

メトロはこういう普通の切符で乗ります。乗るときだけ見せる。降りる時にこれがないと改札外に出られないというわけではないけど,たまに抜き打ちで車内巡回があって,その時に切符を持ってないとすごいお金を払わされるらしい。だから電車に乗れたからといって安心せず,最後目的地につくまで必ずポケットに入れておくこと。

f:id:onoboriyoshimi:20180210230300j:image

 

そういえばメトロのドアが閉まるのはとても早い。まじで一瞬あいて数人乗り込んだらすぐ閉まる勢い。隙を見て素早く乗らないと危ない。

私は一度挟まってしまい,車内の乗客たちが助けてくれた。まじ恐怖だった。

 

 

 

これまたGoogle Mapを見ながらてくてく歩いて観光。

言わずと知れた凱旋門。すごいでかい。思ってたのの5倍くらいでかかった。

f:id:onoboriyoshimi:20180210230319j:image

 

 

凱旋門に向かう途中にあった像

f:id:onoboriyoshimi:20180210233020j:image

 

 

セーヌ川沿いの自由の女神。アメリカで見たのよりもずっと小さい。

写真の人は私ではありません。

f:id:onoboriyoshimi:20180211093903j:image

 

 

エッフェル塔。この灰色の空がパリって感じ(にわか)

f:id:onoboriyoshimi:20180211093935j:image

 

 

セーヌ川。時間があればクルーズしてみたかった。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233025j:image

 

 

次はルーヴル美術館。三角のあれ見えてる〜〜

f:id:onoboriyoshimi:20180210233040j:image

 

f:id:onoboriyoshimi:20180210233046j:image

 

この三角,美術館の入口だったのです。全然知らなかった。ここからエスカレーターで地下に降ります。ネットでは入場までに1時間かかるとか書かれていたけど,このときは15分ほどで入れました(2017年10月週末)。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233054j:image

 

 

ルーヴル美術館はいくつかの翼に分かれていて,それぞれがすごい広いのです。正直全部きちんとみるには1週間はかかるとか言われています。私はいちおう食事時間あわせて6時間滞在する予定でしたが,それでもかなりポイントを絞って見ていきました。

 

時間がない人用に,こんな風に,有名なものがどこにあるのか案内してくれてます。いいね!

f:id:onoboriyoshimi:20180210233115j:image 

 

f:id:onoboriyoshimi:20180210233119j:image

 

 

絶対に見たかったサモトラケのニケ!神々しい…

そしてこれも思っていたよりもかなりでかかった。 圧倒される。こんなものよく作るなあ。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233144j:image

 

 ルーブル美術館は広すぎて全部見切れないというのは聞いていましたが,実際に行ってみると,なるほどこういうことかと良くわかりました。ちょっとした廊下や天井にも絵画や彫刻が並んでいて,どれもこれも相当素晴らしいもの。これを全部見ていくと,そりゃあ時間がないわって感じです。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233205j:image

 

これほんと普通の廊下 。もういちいち見てられないので皆どんどん歩いていく。

f:id:onoboriyoshimi:20180211094153j:image

 

 

はいきたモナリザ!これは近づくまでに3重くらいの人垣を乗り越えなければなりません。

思ってたよりも小さかった!でもすごいオーラを感じたのは,本物の持つ力なのか,それとも予断が入り込みすぎていたからなのか。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233247j:image

 

 

さて週末といえば2日間ありますよね。

思い出した。観光したのは日曜日で,土曜日はたくさん買い物をしました。

 

まずカフェでコーヒーとクロワッサンの朝食。7ユーロ。

この,皿にも乗ってないシンプルなクロワッサンが,私史上もっとも美味しいクロワッサンでした。湿度の問題なのかなんなのか,パリッとして,小麦の甘味がじんわーとして,本当に美味しかった。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233340j:plain

 

 

息子の服を買うためプチ・バトーへ。まじで結構な量を買ってしまった。言われるがままに会員登録までしてしまった。次いつ来るねん! 

f:id:onoboriyoshimi:20180210230224j:plain

 

 

レオノール・グレユのヘアオイル。30ユーロくらいだったかな。サンプルもたくさんつけてくれて相当お得感あった。 

f:id:onoboriyoshimi:20180210233355j:image

 

 

パリの有名デパートであるギャラリー・ラファイエットにも行ったけど,爆買いの勢いに押されて,ここは一体どこの国??状態になり,さらに,物を買わないアジア人に対する店員の態度がとても悪かったので,早々に出てきてしまいました。

 

 

 

さて次はメゾン・デュ・ショコラの路面店

パリでチョコを試食して買って……なんか人生の経験値が上がった気がする。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233402j:image

 

f:id:onoboriyoshimi:20180210233408j:image

 

 

 

続いてはマリアージュ・フレールのパリ本店で昼食休憩。

めっちゃ古いやん。すごいやん。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233419j:image

 

f:id:onoboriyoshimi:20180210233426j:image

 

しっかりデザートも食べました

f:id:onoboriyoshimi:20180210233430j:image

 

 

 

なんだかんだで他にも買ったものたち

ロクシタンは普通に安かったのでいくつか購入。

ルーヴルではノートや紙ナプキン,図録を購入。

KUSMI TEAでもティーバッグを3箱購入。

Starbucks CoffeeではParis限定マグカップを購入。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233514j:image

 

 

ここからはおまけ。

滞在中,何の祭りかお祝いか知らないけど,夜中に花火があがって綺麗だった。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233537j:image

 

 

滞在中に一番よく食べたもの。スタバのテイクアウトのフルーツと,ホテルで淹れたコーヒー。

f:id:onoboriyoshimi:20180210233437j:plain

 

 

飛行機はJALのプレミアムエコノミーでした。食事はこんな感じ。 

f:id:onoboriyoshimi:20180211094817j:image

 

 

AIR吉野家は面白かった。ふだんはあまり食べないけど,こういうところだとレア感が出て喜んで食べちゃう。

f:id:onoboriyoshimi:20180211094843j:image

 

 メニューこんな感じ。あ,行きはロンドンに一泊したので,東京ーロンドンと表記されています。

 f:id:onoboriyoshimi:20180211094954j:image

 

 

 

フランスはとにかく物価が高かった。そして店員の愛想のなさがやばい。

しかしこれに慣れてしまうと,帰国後,しばらくは「何で日本はこんなに食べ物が安いの?そして何で皆めっちゃサービスしてくれるの??チップも払ってないのにどうなってるの??」と,逆に日本のオモテナシが気味悪く思えてしまった。

 

今はまた日本人の基本的感覚に戻りつつあるけど,でもあれだ,みんな,無理しなくていいよ。金額に見合ったものを提供したらそれでいいよ。そして日曜日は休もうよ(フランスはデパートすら日曜日は休みだった。どっこも開いてなかった)。

 

 

そしてフランス人はやはりシンプルなおしゃれさんが多かった。ヒラヒラ装飾のついた服よりも,シンプルなニット・パンツ・ヒール・コート・そしてストール(これ絶対)。髪の毛はポニーテールや単に下ろしただけ。

うーん,無理してない感じがいいなあ。

 

次は仕事じゃなくて完全にプライベートで1週間くらい行きたいぞ!フランス!パリ!

2018年2月10日 モンクレとユニクロ

Twitterで「港区でみかけるダウンを着ている美人は100%モンクレール」というTweetを見た。そしてそれに対して「確かに!」とか「世田谷区もだよ」とかreplyがついていて,私はそもそもモンクレールのダウンがいくらするか知らなかったので楽天で調べたところ目ん玉飛びでました。

 

マ?

 

え,なにこれ,みんなこんな高いダウン着てるの?

みんなじゃないわ,美人はこんな高いダウン着てるの?

 

いやいやいや,港区様がすごいのは知ってるけど,そんな,こんなコートが大学生のヴィトンくらい浸透してるのはおかしいでしょ。

 

 

と思って数日。

今日,昼間,近所に買い物に出たところ,我が中央区にもすっごいいたわ。モンクレールのダウン着てる人。

今まで気づかなかったのは,そもそも私がモンクレールのマークを知らなかったからにすぎなくて,街にはモンクレールのダウンが溢れていたわ。

すごい。ほんとすごい。

金持ってるんだなあ…

 

ちなみに今日の私は,ユニクロの4枚重ね着でした(外側から,コート,インナーダウン,ニット,ヒートテック

確かに暖かいけど,モンクレダウンとの差がすごい。

 

東京のすごい人はすごいな。

でもそのすごさに気づくためにも,それなりのブランド知識が必要なんだな(そのブランド価値が分かるということは,その世界の中にいるということ),としみじみ思いました。

 

微妙に話は変わるけど,私は関西の田舎出身なので,正直KOとかW田のすごさって良くわからないのね。それより国立大学の方がすごいんじゃないのというか,どっちがすごいのかがピンとこない。

でも,東京に来てわかったのだけど,KOとかW田出身って一部の人の中ではすっっっっごいステータスなんだよね。

そのステータスを理解する人の中ではステータスでありうるというか。

 

モンクレ・ユニクロ論争(論争してない)でなんとなくそのことを思い出した。

 

モンクレもすごいと思う人の中ではすごいのだけど,正直あったかさという価値観では私のユニクロ4枚重ね着も負けてないと思うんだよね。

 

 

 

 

あまりまとまっていないけど,今日はここまで。おやすみなさい。

 

2018年2月9日 こどもちゃれんじ等

ついに,ついに,こどもちゃれんじを申し込んでしまった…

 

 

妊娠中,何かのキャンペーンの全員プレゼントが欲しくて,べねっせに個人情報(私の生年月日,住所,電話番号,子供の出産予定日)を提供したのね。もう今となっては何をもらったのか覚えていないけど。

そうすると,子供が産まれた頃からずーっと,ずーっと,こどもちゃれんじの案内が届くわけなのです。

クリスマス記念号,1歳記念号,4月特別号,これ以外にももう何回来たか分からない。

こどもちゃれんじに申し込んだらこんなおもちゃが届きますよ!

発達にいいですよ!

言葉が出ますよ!

赤ちゃんの創造性を促しますよ!

いまなら●●が付いてきますよ!!

 

さらにTwitterでもFacebookでもいろんな人がまじいいと書いている

 

 

でもこちとら毎月2000円もおもちゃにかける気は無いんだ!

物ばっかり増えて困ってるんだ!!!!

と,鋼の意思でスルーしていたのですが,

今回届いた4月先行案内号(なんだそれ)についてたサンプルおもちゃ 

f:id:onoboriyoshimi:20180210092839j:image

 

こんな,こんなシンプルな,

紙で組み立てた電車(別にタイヤが回るわけでも無い)に

動物(立体的じゃない単なるカード)を乗せて走らせる,というだけのおもちゃに

息子がすごく食いついて

一生懸命遊んでいるのを見て

4月本体号で,立体的な本物のやつが来たら,どんなに喜んで遊ぶかと思うと…

 

我慢しきれず,ついに申し込んでしまいました。

結局私も他の人と一緒,こどもちゃれんじにの魅力には抗えなかったのです。(というか別にそこまで抗う必要なかった)

 

 

毎月おもちゃが届くのはそれはそれで楽しいか。

息子ももっと物事が分かってきたら,毎月のイベントとして楽しみにしてくれるかもしれん。

 

 

 

毎月何か届くといえば,私は小さい頃に学研の学習と科学を購読していて,毎月ものすごく楽しみにしていました。いまアラサーの人は結構同じ経験しているのじゃないかな。あれは本当によくできていて,読み物もしっかりしていたし,実験キットもついてて,子供の学習欲を刺激する素晴らしい雑誌でした。

実験キットではカブトエビ飼育セットと太陽光での写真撮影キットがすごく面白かったな。前者は大事に育ててたのに私が林間学校に行っている間に母親がエサをうまくやれずに死なせてしまって,後者はすごく楽しくて楽しくて写真シートを全部使わずに何枚か残しておいて大事な時に使おうと思っていたのにこれまた母親が捨ててしまったんだよね。(どちらもギャン泣きして怒りました)

 

 

なんかすごく懐かしくなって,あれは対象年齢何歳からなんだろうと調べてみたところ,

なんとそもそも2010年をもって休刊していました…

 

科学と学習 - Wikipedia

 

まじでショック。こういうのこそ残っていってほしかったのに。

諸行無常とはこのことか…

 

 

学研の学習と科学を読ませられないのは残念だけど,とりあえず毎月こどもちゃれんじやって,息子に毎月何か楽しいものがくるという思い出を作ろう。1年分一括払いしたので,4月から1年間,しまじろうの本気を見てやろうと思います。親も楽しみです。